スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵画購入の事業主さま

興味のない方には耳に入らないかもしれませんが、興味がある方にとっては節税になるのが絵画の購入です。自宅用ではなく、もちろん事務所や店舗での装飾用としてです。

通常、青色申告をしている方なら、30万円以上の物を購入した場合は資産となり、減価償却の対象になります。購入金額がそのまま経費になるのではなく、何年かに渡って経費にしていきます。金額が一定額以上の物は、時の経過とともに価値が減少するはずだ、と考えられるためです。

しかし、絵画や骨董は(その金額がいくらであろうと)、年を経ても価値が減少しない、と扱われます。つまり、一定の条件によっては経費にはしてくれないのです。

経費にできる絵画と、できない絵画は、その絵画が「書画骨董」に該当するか否かで判断されます。「書画骨董」とは、①古美術品、古文書、出土品、遺物等のように歴史的価値や希少価値を有し代替性のないもの、②美術年鑑等に登載されている作者の制作によるもの、をいい、減価償却できない「非減価償却資産」にあたります。

ただ、その絵画が、「書画骨董」かどうかを判断するのが難しい場合は、「号」(絵画の大きさ)あたりの取得価額が2万円以上か未満かで判断します。2万円以上なら非減価償却資産、2万円未満なら減価償却資産です。

つまり、ピカソが描いた絵は価値が下がらないから経費にできないけど、私梅林(素人)が描いた絵は価値がないから消耗品だ、と考えられるのです。ピカソから絵を買うなら、私の描いた絵を買って頂ければ節税になりますよ(冗談です)。

節税 税理士 / 梅林税理士事務所
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。