FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「接待交際費」の範囲について。

こんにちは。今日は交際費についてです。

 

交際費。

 

ともすれば、プライベートな費用とも混合されがちな冗費であるため税務署も目を光らせる費用です。

 

でも、事業を円滑に行う社長はこれを上手く使っていることもまた事実です。

 

交際費として認められる「三要件」ってご存知ですか?

これは裁判でも判断につかわれる重要な要件です。

 



「支出の相手方」が事業に関係すること

②「支出の目的」が事業に関係ある者との親睦を深めて事業の円滑 な遂行を図ること

「行為の形態」が接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する 行為であること

 


交際費、うまく使いましょう!


 交際費よう


 梅林税理士事務所 岡崎市

飲食店の税理士顧問料に革命を!

ラインでお気軽にお問合せください!









関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。