スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 贈与税の配偶者控除 婚姻期間が長いと節税に

婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、
居住用不動産か
居住用不動産を取得するためにお金、の贈与が行われた場合、
基礎控除110万円以外で、
2,000万円まで控除できるという制度です。

配偶者控除は同じ配偶者からの贈与については一生に一度しか適用を受けることができません。

この制度は、相続税対策のひとつとして検討に値すべき事柄です。

先日、お問い合わせを頂いて気づかせてもらったのですが、既にお子さんがいる方と再婚された場合に、その前妻or前夫のお子さんとの相続でのわずらいを回避するのにも一考かな、と思います。
 
 ちなみに、受贈者(もらった人)には、不動産取得税は課税されますのでご注意です(居住用ですと、減免制度の適用も検討すべきです)。

梅林税理士事務所 岡崎 配偶者贈与
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。