スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

103万円の壁、崩れる。「配偶者特別控除」

「配偶者控除」は、各種所得控除の中でも有名なものかと思います。
配偶者の収入(手取りではありません)が103万円以内なら適用できる控除です。
パートをしている奥様たちが、103万円の超えないように働くのはこのためです。

ところで、あまり知られてないことに、
「配偶者控除」とは違って、「配偶者特別控除」がというのがあります。
詳細はぜひ国税庁のホームページでお調べ頂くといいですが、
実際には、103万円を超えても、控除額は一気に0円にはなりません。
約140万円までは、控除があります。
103万円~約140万円にかけて、段階的に控除額が少なくなっていくだけで、まったくの0円にはならないのです。ぜひ注意してみて下さい。
ただし、(一般的には)旦那様の「所得」が1,000万円以下であることが条件です。

これは、年末調整でも確定申告でも適用できます。
お勤めの会社や税務署に、配偶者の源泉徴収票を提出してしまうのが、最も確実な方法です。

岡崎市 刈谷市 / 梅林税理士事務所
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。