スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儲かる業種、儲からない業種

税理士の仕事をしているとよく聞かれる質問のひとつに、
「儲かる業種ってなんですか?」
というのがあります。

つまらない正論を言うようですが、
私は、「絶対に儲かる業種」などはなくて、
その業種でどのように儲けるか、を考えた方がよいと思います。

確かに、儲けやすいお仕事はあるような気がします。
定期収入が見込める業種、在庫を抱えなくてよい業種、
人件費がかからない業種、需要がある業種、
ブームがきた業種、ライバルが少ない業種。

しかし、これらに該当しない業種であっても、
「その儲けにくさ」がリスクになる反面、ハイリターンを生むケースもあります。
リスクがあり面倒なことは誰もやりたがらないからです。

景気が悪い、というのもあまり関係ないような気がします。
バブル期にも倒産する企業はたくさんあったのですから。

ちなみに、先日、税務調査で税務署員に同じ質問をしたら、
「今はペットショップですかねぇ」ということでした。

どんな業種でも会社設立 / 梅林税理士事務所
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。