スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税務調査とはなにか?

日本は、「申告納税制度」を採用しています。
「自分の利益はこれだけですよ、これだけ儲かったので税金はこれだけですよ。」というのを自ら国に「申告」しなければならないという制度です。
それが個人で行う確定申告であり、法人でいう決算申告です。

 その申告が正しく行われているかどうかをチェックするのが「税務調査」です。
チェックする仕組みがなければ、誰もが税金など少なめに申告してしまいますよね。この税務調査の仕組みがあるから申告納税制度が有効に機能するわけです。

 個人事業主様ですと毎年9月前後、法人様ですと決算月から6~8ヶ月経過した後に行われます。
税務署員(1~3名)が納税者の事務所(自宅)に来て、帳簿、請求書、領収書などを調べます。だいたい1日間から3日間行われます。



もちろん当事務所も税務調査に対応させて頂いています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。